徐々にやる気を奪われている感覚でした

技術者派遣会社に就職し、他社に派遣される仕事をしておりました。
派遣先での扱いはとてもよく、他の社員と変わらない業務を行うことができました。
はじめはそれで良かったのですが、何年も続けていく上でだんだんと転職したい気持ちが生まれてきます。

転職に至ったその理由について話していきます。
・同じ業務をしていても給料は段違い
客先の人と話しているとなんとなく気づいてしまう物です。給料が大きく違うことに。
自業自得とはいえ、この会社にいる限りそれは変わらないということは、徐々に働く気力を奪っていく物でした。

・教育や研修の機会がない
まともな教育や研修の機会はありませんでした。資格の補助やサポート、資格を取ったからといって給料が上がることもありません。
他社と比べてしまうと、早く転職をしたくなるばかりでした。

・評価は客先任せ
なんせ自社の人と会う機会気ありません。そのため、自分の評価をするのは客先の方。
幸いとても良い評価をいただいていましたが、自分の会社に関わる機会がなさ過ぎて、全く愛着がわきませんでした。

・昇進がない
家族経営の会社でしたので、昇進は主任まで。給料はほぼ変わりません。
また、評価もいい加減な会社ですので、昇進条件もいい加減でした。勤続年数のみ。

これらの理由から夢も希望もなく、転職をしようと決意致しました。

ブラック 辞めたい

カテゴリー: 否則 パーマリンク