彼母の圧力と宗教の教えに負けた私

高校時代の同級生の彼(K)との話。
同じクラスでかもなく不可もなくな関係だった私たち。文化祭の準備による放課後の作業がきっかけで急接近。
一緒に帰る回数も増え、ある時彼に告白される。私は喜んで受入れカップルになることに。

クラスのみんなも認める仲良しカップルとなり、勉強も部活も更に意欲を出す私。あるとき彼の家に遊びに行き、事態は急展開を迎える。
彼の母は買い物にでも出ていたのか、家にはいなかった。そこえ、「ただいま、Kいるの?」とKの母の声。するとKはとても慌てた様子で私を押し入れに押し込もうとする。
私たちはただ座っておしゃべりをしていただけなのに。結局私の存在はバレてしまいひどく怒鳴られる。

そう、私はきては行けないところにきてしまった。母は何かの宗教を熱心に信仰しており、主によると恋愛は御法度。
彼とはあんなに仲良しだったのに、彼の携帯電話は解約。Kの母は私の自宅、学校の担任に電話がいき「2人を別れさせるように」と。
こうして強制的に私たちは離れさせられ、クラスも別に。高校生という若さもあり、そんな邪魔をされて続くほどの愛はなく、いつの間にか私たちは破局。
10年たった今、Facebook上で熱心に宗教活動をついでいるK見て、失恋したけど、よかったと思いました。

夫が独身と偽って浮気している

カテゴリー: 未分類 パーマリンク